トップページ > Q&A

Q&A

このページでは、頻繁に頂くお問い合わせやご質問に対する回答を記載しております。



経営に関するQ&A
Q1 学生に業務を任せて大丈夫ですか?
A1弊社で業務を行う場合、各業務の規模に合わせたプロジェクトチームを作成致します。各プロジェクトでは、実務経験が3年以上のPMとSE数名が中心となり、厳格なプロジェクト管理の元で業務を遂行します。弊社のPMおよびSEは学生という立場ではありますが、全員が情報学士、および情報修士を取得した大学院生となっております。そのため,基本的には会社に常勤して作業を行っており、他の企業様と同様、またはそれ以上にお客様と密に連絡を取りながら業務に取り組んでおります。
Q2 システム納品後の対応は行ってくれますか?
A2システム納品後の瑕疵対応に関しては、プロジェクトを開始する前に基本業務契約によって取り決めます。基本的には、システム納品後1年間を瑕疵担保の対象としています。
Q3 見積もりは無料で行ってくれますか?
A3見積は無料で行っています。お問い合わせフォーム、またはお電話やメールにてお気軽にご連絡下さい。
Q4 開発者は何人いますか?
A4現在は、PM(プロジェクトマネージャー) 3名、SE(システムエンジニア) 3名、PG(プログラマー) 20名、OP(オペレータ) 26名の総勢52名体制で業務を執り行っております。
PM・SEは弊社の社員が担当し、PG・OPは大学の研究室で専門の技術と知識を学んだ学生が担当します。
Q5 セキュリティ・個人情報保護の対策は十分に行われていますか?
A5業務を行う際には、原則として受発注者の双方が合意した秘密保持契約を交わさせて頂いております。そのため、各業務の秘密保持契約に基づいたセキュリティ対策.情報の取り扱いを行っております。また、セキュリティ委員会を社内に設置し、定期的に社内監査を行うことで、社内・外での質の高いセキュリティ・個人情報保護の対策を行っております。
Q6 学生の卒業後の引き継ぎ体制はどのように確立されていますか?
A61つのプロジェクトに対して2人以上の社員が担当することで、
社員が卒業した後も担当者が残り続ける体制となっています。

業務に関するQ&A
Q1 得意分野は何ですか?
A1学生パワーをフルに生かしたシステム開発およびコンテンツ作成を得意とし、主にWeb技術を利用したアプリケーションの開発・コンポーネント開発、高度な画像処理技術と写真測量技術を駆使した様々な計測システム、CAD/GIS技術の応用などを業務領域としています。
Q2 どのような開発言語を扱うことができますか?
A2<システム開発一般>
C、Visual Basic、C++.NET、C#.NET、Java、SQL
<Web系言語>
HTML、XML、ASP、PHP、Ruby、Ajax、JSP、Servlet、Perl、VRML、Applet、SVG、各種Script
<CAD・CG>
Java 3D、Direct X、VRML、AutoCAD VBA

大学に関するQ&A
Q1 大学ではどのようなことを行っていますか?
A1関西大学総合情報学部の田中研究室で、Web・画像処理・CAD/GISの研究、執筆活動などを行っています。
詳しくは、ゼミのホームページをご覧ください。

>>田中研究室リンク
Q2 大学との連携はどのように行っていますか?
A2大学の研究室で取り組んでいる学生の斬新・柔軟なアイディアや最先端の情報技術を使った研究成果を、関西総合情報研究所を通じて社会的ニーズとマッチングさせ、社会に還元しています。
そして、その導入成果を研究にフィードバックすることで、大学と企業の橋渡しを行っています。
Q3 学生の卒業後の進路はどうなっていますか?
A3弊社の社員の全員が修士課程または博士課程に進み、将来大学教授の職に就くことを目標としています。
このことから、これまで弊社を卒業した学生のすべてが大学教員の職に就いています。